スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ/

不正ログインから守るためにパスワードのセキュリティをアップさせる方法いろいろ

スポンサードリンク

不正ログインから守るためにパスワードのセキュリティをアップさせる方法いろいろ

様々なウェブサービスへのログインパスワードを同じパスワードを使用している人もまだまだいらっしゃるのではないでしょうか。しかしそれですと、パスワードが漏洩した際に芋づる式にやられてしまいます。というわけで、簡単にできる不正ログイン対策をまとめてみました。

重要度によってパスワードを変える

まず原始的な方法としては、サイトの重要度によっていくつかの段階に分けてパスワードを変える方法です。

・超重要なサイト用
・それなりに重要なサイト用
・通常のサイト用
・信頼のおけないサイト用

これくらいなら覚えるのも大変ではないですし、利便性も損なわれずに対策できます。

パスワード生成ツールを使う

パスワードを作る時はなるべく単語は避けるべきでしょう。ランダムで英数字を織り交ぜるのがポイントです。こういったパスワードジェネレータもありますので、これを利用するのも手です。

パスワード生成(パスワード作成)

「いつもの」パスワードをセキュアに

上のようなジェネレータで生成したパスワードを少しの手間で、サイトごとに全て違ったパスワードを設定することが可能です。

参照: ちょっとセキュアな「いつもの」パスワード - ぼくはまちちゃん!(Hatena)

「KeePassX」で全てのサイトで違うパスワードを一元管理

これは利便性とセキュリティを天秤にかけた時にとれるギリギリ かつ最強のセキュリティ対策だと個人的には思います。もちろん、パスワードを同じにしておくよりは一手間かかるのは否めませんが、それによってセキュリティは飛躍的に向上します。

方法としては、全てのパスワードを変え、それをKeePassXというフリーソフトで管理するという方法です。ソフトはこちらからダウンロードできます。

Windows,Mac: KeePassX – Downloads

方法としては、全てのパスワードを変え、それをkeepassというフリーソフトで管理するという方法です。ソフトはこちらからダウンロードできます。

KeePassXダウンロード

インストール完了後、管理画面左上から「新規データベース」を開きます。

新規データベース

次にマスターパスワードを設定します。このパスワードは一元管理用のパスワードなので、自分の頭で覚える必要があります。最もセキュアなものにしましょう。

マスターパスワードを設定

次にサイトごとにIDやパスワード情報を設定していきます。下図のように「新規エントリーの追加」ボタンをクリックして下さい。

サイトの設定

タイトルは分かりやすいサイト名、ユーザー名はサイトごとによって違いますが「ID」「メールアドレス」等です。URLはログインページを設定しましょう。そして最後にパスワードです。パスワードは右の「生成」ボタンからランダム生成ができます。

新しいエントリーの設定

以上で「KeePassX」の使い方の解説は終了です。あとはこのマスターパスワードをいかに厳重に扱うかですね。

他パスワード関連で参考になる記事

KeePass Password Safe のダウンロード・日本語化 - フリーソフト100

KeePassでパスワードをより厳重に管理する方法

パスワードは全て異なるものにするしかない

関連記事
コメント一覧

fightagainst

初めまして!
セキュリティもそうだけど、ID、PASSの管理が大変だったので勉強になりました!

有難う御座います。

2012/10/20 Sat 13:58 | URL

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

タグクラウド

Twitter Photoshop CSS3 CSS 音声/動画 まとめ アフィリエイト JavaScript アイコン FC2 写真 Google Facebook HTML5 Gmail アクセスアップ WordPress PSD チュートリアル ロゴ はてな テクスチャ showcase セキュリティ 写真素材 Youtube jQuery HTML 美女 背景 ネタ マンガ 

あわせて読む

あわせて読みたい

美しいニュースサイトWordPressテーマ

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」

検索ボックス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。